動画制作をお悩みの方に必見!動画のメリットとデメリットを徹底解説

social-media-1377251_640

social-media-1377251_640

 

近年、動画コンテンツへの注目が非常に高まっていますね。
各企業やアーティストはこぞって宣伝媒体として活用しており、その映像が話題となるたび、商品やサービス、作品は脚光を浴びます。

さらには、テレビのいちコーナーでもWEB動画を引用して取り上げていたり、
また動画収入を目的とした”YouTuber”なるものが人気であったりと、ただの宣伝媒体としての存在に留まりません。

話題の存在だけに、現在新たな宣伝手法としての導入を考える企業なども少なくないことでしょう。

ですが、上述のようなメリット面も多数ありますが、反面、やはりデメリットも一部存在します。
動画制作を検討されているのなら、この両面をしっかり把握した上で取り入れてみてください。

 

 

動画制作のメリットとは?

まず一つに、動きのある動画で伝えることができるため、伝わりやすいという点が挙げられます。
それこそ、分かりやすい内容であれば、お年寄りから子供にまで、楽しみながら視聴してもらうことも可能ですね。

また、動画広告の多くは、90秒ほどで仕上げられた内容となっています。
これは飽きずに興味深く見てもらえる、理想的な長さだそうです。
分かりやすい内容を、気軽に短時間で知ってもらえる。
その点もまた、伝わりやすさに繋がっています。

次に、信頼感の大きさも特長となっています。
写真やチラシなどであれば、基本的に平面でしか伝えられませんが、
動画ならあらゆる角度から商品を映し出したり、サービスを説明したりできます。
加えて、ナレーションや登場人物がおこなう解説、感想なども合わせて聞いてもらえるので、
視聴者はより内容を現実的にイメージしやすくなります。

そしてもう一つが、WEB動画ならではの利点です。

近年、ネット上で動画コンテンツと同じく人気を博しているのが、SNS。
基本無料で利用できるものが多く、スマホやタブレットなどの身近な端末から、気軽に情報発信や共有が楽しめます。

そこで期待できるのが、拡散による口コミ。
興味深い動画を誰かが見つけたら、SNS上で紹介し、またさらなる視聴者を引き寄せてくれる。
そしてその人もまた新たに紹介し、もっとより多くの人へ…。

本当におもしろく伝わりやすい動画制作ができれば、このような現代ならではの宣伝展開へも繋げられます。

 

動画制作のデメリットとは?

ウェブページを通して簡単にクリックやタップ一つで再生できる動画ですが、
だからこそ懸念される点もあります。

動画再生では、一般的なサイト閲覧や音楽視聴等以上に、多量のデータ通信が行われます。
そのため、環境によっては重くてスムーズな視聴ができないケースや、フリーズしてしまうことも。
スマホ等であれば、容量制限に繋がる恐れもありますね。

また万が一、人気が出ないケースも念頭に入れておくべきです。
制作会社との連携がうまくいかず、質の悪い仕上がりとなってしまったり、
またそもそも、選んだ制作会社自体のレベルが低い場合、見る人の興味を引く動画とならない場合も。
お金をかけて完成させても、たくさん再生してもらえる、注目を集める動画でなければ、効果的な宣伝とはなりにくいです。

 

動画の使いどころ

動画広告が効果的に使えるコンテンツとしては、五感を通して良さの伝えられるものが代表的です。

視覚と聴覚はもちろん、そのイメージにより、嗅覚や触覚、味覚までもを思い浮かべてもらえるためです。

観光地やレジャー・スポーツ・グルメの紹介、歴史ある企業、工場の解説、
またゲームやアトラクションを実際に楽しむ様子を収めたものなど、さまざまな魅力のプロモーションに役立てられます。

とはいえ、文章や写真で紹介した方が良いものは、無理に動画を利用する必要もありません。
コンテンツに合った媒体を活かすことで、より宣伝内容の魅力が生きます。

幅広く利用されており、また効果が出やすいことも知られているため、
動画宣伝の導入を検討している人は多いかと思われます。

しかし、メリットがあればデメリットもあるというのが、一般的な考え方。
動画もまた、例外ではありません。

双方しっかり把握した上で、より効果的な導入に繋げてみてください。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*