簡単にパソコンで動画編集をしたい時に便利なツールベスト5

work-station-straight-on-view

work-station-straight-on-view

 

結婚式などで使うムービーは自分で作成できる時代になりましたよね。

アナタも現在、簡単な動画編集をしたいとお考え中ではありませんか?

そんなときに便利なフリーツールはたくさんありますが、
たくさんありすぎてかえって迷うこともありますよね。

そんなアナタのため、一般の方でも使える便利な動画編集ツールを5つご紹介しましょう。

いずれもフリーソフトですので費用もかかりません。

動画編集にチャレンジするときのお供に、ぜひどうぞ。

 

 

オススメツールを5個紹介

オススメするフリーの動画編集ツールをオススメ順にご紹介していきます。

ダウンロードサイトもありますから、興味がある方はぜひアクセスしてみてください。

 

1.VideoPad

ダウンロード:http://www.nchsoftware.com/videopad/jp/

VideoPadはWindows初心者でも簡単に使える、操作性の易しい動画編集ソフトです。

フリー版と有料版とがありますが、フリー版でも十分すぎるくらいの機能があります。

これを使えば、背景に好きなBGMを流しつつ、動画や画像を再生できます。

テキストを画像として挿入したり、ドラマのEDテロップのようにも流したりもできます。

その他、複数の動画の連結や、不要な場面のカットもできます。

基本的な動画編集機能はバッチリですよ。

それでいて、このフリーツールは全体的に操作が易しいのが特徴です。

すべての方が高いクオリティを求めているわけではないでしょう。

簡単な動画編集なら、このフリーツールが1番オススメです。

ちなみに、WindowsとMacの両方で使えるも、1番オススメできる理由です。

 

2.AviUtl

ダウンロード:http://spring-fragrance.mints.ne.jp/aviutl/

AviUtlは、動画編集をよくおこなう方からは非常に人気のフリー動画編集ソフトです。

その特徴は、できることの多さ。

先の「VideoPad」の機能はもちろんのこと、あちらではできなかったこともできます。

たとえば、キャプションの設定やサイズの変更、ちょっとした効果(雨や砂嵐)の追加挿入、ノイズ除去などです。

編集過程での動画劣化をなるべく防ぐ機能もあります。

他にもまだまだ機能があり、動画編集に必要な機能は一通りそろっています。

とりあえずこれをツールとして持っておけば、動画編集で困ることはグッと減ります。

技術さえあれば、フリーソフトで作ったとは思えない高いクオリティの動画も作れます。

利点が多いので、フリーの動画編集ツールとしては1番にオススメされることも多いです。

今回これを2番目としたのは、Macでは使えない点、多機能すぎて初心者には少し使いづらい点を考慮した結果です。

できるだけ多機能のフリーツールが欲しい方や、Windowsマシンでしか動画編集をしないなら、これの利用を1番に考えるのもオススメです。

 

3.Avidemux

ダウンロード:http://avidemux.sourceforge.net/download.html
(日本語パッチはコチラ http://tiltstr.seesaa.net/article/36217139.html

Avidemuxは1番目にオススメした「VideoPad」と似ており、同じく簡単に動画編集できるフリーツールになります。

VideoPadとの違いは、多くの動画フォーマットに変換できることです。

せっかく動画編集できても、それを再生する機種やソフトのフォーマットと一致していないと、再生できませんよね。

そんなときに便利なのが、この「Avidemux」です。

10種類以上のフォーマットに対応しており、一般的なものからマニアックなものまで、比較的多くのフォーマットに対応できます。

動画編集後、ディスクに焼いたり、特定の機器で再生したりしたい方は、このフリーツールが向いています。

特に、フォーマットの違いで苦労した経験のある方にはオススメですよ。

 

4.Windows ムービー メーカー

ダウンロード:http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows/movie-maker

フリーの動画編集ツールですが、実はアナタがお使いのパソコンに初めから入っていたりすることをご存知ですか?

Windowsユーザーにとっておなじみのフリーソフトになるのが、この「ムービーメーカー」です。

簡単な動画編集なら、実はこのプリインストールのフリーソフトだけでも十分。

動画をカットしたり、つなげたり、トリミングしたりといった基本機能はバッチリです。

動画データをつなげるだけならドラッグ&ドロップでもできます。

お試しで動画編集をしたい方や、フリーソフトを使うのに不安がある方は、最初から入っているこのフリーソフトを使うといいでしょう。

万が一、このソフトが入っていなければ、Windowsの公式サイトからダウンロードできます。

 

5.iMovie

ダウンロード:http://www.apple.com/jp/ios/imovie/

こちらはMacに標準搭載の動画編集のフリーツールです。

先の「Windowsムービーメーカー」と同じようなものですね。

標準搭載とは言え、やはり十分な動画編集機能はもっており、ドラッグ&ドロップによる直感的な編集も可能。

Macをお使いの方で、フリーソフトを落とす手間も省き、今すぐ手軽に動画編集したい方は、まずこれを使ってみるといいでしょう。

これで足りない機能があれば、そのときは「VideoPad」を使ってみてはいかがでしょう?

こちらも万が一お使いのマシンに入っていなければ、Macの公式サイトからダウンロードできます。

 

以上のように、アナタの動画編集をサポートしてくれるフリーツールはたくさんあります。

これらのどれか1つを使うだけでも、動画編集がグッと簡単になりますよ。

使いやすいそうなものがあれば、ぜひ1度ダウンロードの上、ツールとして使ってみてくださいね。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*